モアイブログ

FUJIFILM好き・アラフォー・「メガネ屋のモアイ」の写真ブログ

【160話・FUJIFILM】クラシッククロームでフィルムっぽく撮れる?2

f:id:meganeya-moai:20201006152445j:plainこんにちは。メガネ屋のモアイです。前回、クラシッククロームでフィルムっぽく撮れる?という記事を書きましたが、グレインエフェクトとホワイトバランスを変更し、再度試してみたお話しです。

meganeya-moai.hatenablog.com

はじめに

今回のフィルムシミュレーション

Classic Film

  • DR:100~400%
  • フィルムシミュレーション:クラシッククローム
  • グレインエフェクト:
  • ホワイトバランス:晴れ(R-5:B-5)
  • ハイライトトーン:-2
  • シャドートーン:-2
  • カラー:-3
  • シャープネス:-4
  • ノイズリダクション:-4

前回の記事からグレインエフェクトとホワイトバランスを変更しました。毎度ですが私のフィルムシミュレーションのカスタム設定については下記記事をご覧下さい。

meganeya-moai.hatenablog.com

今回の機材

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2

  • 発売日: 2016/03/03
  • メディア: エレクトロニクス
 
FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R

FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R

  • 発売日: 2012/02/18
  • メディア: Camera
 

原点に立ち返りました。

クラシッククロームでフィルムっぽく撮れる?2

ここからはひたすら作例をご覧下さい。

f:id:meganeya-moai:20201006150126j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006150357j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006150515j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006150613j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006150828j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006150844j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006150951j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006173527j:image

f:id:meganeya-moai:20201006151056j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006151121j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006173538j:image

f:id:meganeya-moai:20201006151231j:plain
f:id:meganeya-moai:20201006173559j:image

f:id:meganeya-moai:20201006173617j:image

f:id:meganeya-moai:20201006173628j:image

f:id:meganeya-moai:20201006173640j:image

f:id:meganeya-moai:20201006151729j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006151747j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006173716j:image

f:id:meganeya-moai:20201006151939j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006152130j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006152317j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006152446j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006152708j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006152917j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006153240j:plain

f:id:meganeya-moai:20201006154654j:plain

最後に

前回の記事の結論と同じくデジタルでフィルムっぽく撮るのは根本的に難しいかと思います。ただ、それっぽく、自分たちの記憶に残っている感じの色合いで撮れたような気がします(何となくですよ)。

ただこの設定で人物撮るとどんな感じか分からないのでww、それは次回以降で機会があれば撮影してみます。

どちらにしても、X-Pro2とXF35mmF1.4 Rの組み合わせが楽しかったのは事実(記事のタイトルから結論逸脱)。

ではでは。