モアイブログ

FUJIFILM好き・アラフォー・「メガネ屋のモアイ」の写真ブログ

【219話・FUJIFILM】hitohada classicで撮るみなとみらい

f:id:meganeya-moai:20210416134449j:plainこんにちは。メガネ屋のモアイです。さて今回は前回に引き続きhitohada classicでみなとみらいを散歩してきたお話しです。

はじめに

今回のフィルムシミュレーション

hitohada classic

  • フィルムシミュレーション:クラシッククローム
  • グレインエフェクト:OFF
  • カラークローム・エフェクト:OFF
  • カラークローム ブルー:OFF
  • ホワイトバランス:オート(R:0 B:0)
  • DR:100~400%
  • Dレンジ優先:OFF
  • トーンカーブ:H±0 S-1
  • カラー:+1
  • シャープネス:0
  • 高感度ノイズ低減:-2
  • 明瞭度:0

同じFUJIFILMのカメラをお使いのひげこい (@45house_hige) | Twitterが、ご自身のYouTubehitohada classicを話題にして頂きました。

youtu.be

前回はカラークロームブルーをONにしてみましたが、今回はカラークロームブルーOFFで設定しましたので、X-H1やX-Pro2世代のボディでも同じ設定に出来ます。

meganeya-moai.hatenablog.com

どちらにしても、ひげこいさん、ありがとうございます!!

今回の機材

FUJIFILM 単焦点望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR

FUJIFILM 単焦点望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR

  • 発売日: 2015/07/16
  • メディア: Camera
 
FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF1.4R

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF1.4R

  • 発売日: 2013/10/12
  • メディア: Camera
 

XF23mmF1.4 Rにはブラックミスト№05を付けています。

hitohada classicで撮るみなとみらい

(この記事を書いているのは妻がまだ寝ている朝の5時台。今日も普通に仕事なので)作例メインでお届けします。

XF90mmF2 R LM WR

f:id:meganeya-moai:20210416120618j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416121029j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416121203j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416121312j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416121846j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416122337j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416122558j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416124344j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416124640j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416125355j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416130014j:plain

やっぱりXF90mmF2 R LM WRのAFは早くて迷わない!!静かにササっとAFが合うのが素晴らしい(イヤっ、APDの立体感溢れるボケも好きなんですけどね)。

XF23mmF1.4 R

f:id:meganeya-moai:20210416133116j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416133315j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416134244j:plain

f:id:meganeya-moai:20200811085358j:plain

X-Pro2&XF23mmF1.4 R PROVIAで撮影

時期も時間帯も光の入り方も違いますが、ほぼ同じ場所で撮影したカラーマイナスのプロビアはこんな感じです。同じぐらいの晴れ模様で撮るhitohada classicも試してみたいですね。

meganeya-moai.hatenablog.com

f:id:meganeya-moai:20210416134414j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416135133j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416135847j:plain

ブラックミスト№05の効果が木漏れ日で確認出来ますね。私は広角気味のレンズでブラックミスト№05を使うのがほぼ定番になりつつあります(フィルター外すのが面倒とも言います)

f:id:meganeya-moai:20210416135916j:plainデジタルくささが無い緑色の描写。

f:id:meganeya-moai:20210416140525j:plainこの辺りでやっと晴れてきました🌞 この空の感じがクラシッククロームですな。

f:id:meganeya-moai:20210416140730j:plain

XF90mmF2 R LM WR

f:id:meganeya-moai:20210416141050j:plainXF90mmF2 R LM WRの圧縮感はやはり良い。

f:id:meganeya-moai:20210416141457j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416141529j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416141701j:plain

f:id:meganeya-moai:20210416141904j:plain

 取り寄せしていた春秋用のアウターを買いにみなとみらいに行ったのが今回の散歩のメインでした(まさか24,000円もするとは思わなかったですけどね)

f:id:meganeya-moai:20210416144855j:plainそこまでの金属のゴリゴリ感は無いですが、これぐらい写れば充分ですね。

f:id:meganeya-moai:20210416150441j:plain最後はおかげ庵で甘味食べずww、牛丼食べて帰りました。

甘味喫茶(甘)おかげ庵

最後に

  • hitohada classicは光さえ良ければ普通に使える。
  • 飯テロもOK。
  • 怒られるのでブログで公開出来ませんがww、妻を撮った時の肌色は抜群。何よりも女性受けが良い。

入江 :はい。ですので「邪魔しない色」という考えも必要になります。そうした意図を踏まえた結果、空と分かる範囲内で極力主張を抑えた色味にするために、やや緑がかった青にしているわけです。

ちなみに近い空色を表現するフィルムシミュレーションとしては「クラシッククローム」が挙げられます。クラシッククロームの方がよりシアンよりの表現ではありますが。富士フイルムのフィルムシミュレーションはどのようにつくられているのか(前編) - デジカメ Watch

  • そのシアンよりの空の色がクラシッククロームの特長ですが、使うとクセになってしまう。 ただ使い過ぎに注意。
  • いつかの旅行の際、迷ったらhitohada classic使おう。
X-Pro2のアイカップ問題

別件ですが、やっと(1年越しに)X-Pro2のアイカップ修理に出しました。修理完成したら金額等を記事にまとめます。

ではでは。