モアイブログ

FUJIFILM好き・アラフォー・「メガネ屋のモアイ」の写真ブログ

【196話・FUJIFILM】クラシックネガの明度で色の見え方が変わるのを確認してきた

f:id:meganeya-moai:20210130064421j:plainこんにちは。メガネ屋のモアイです。さて今回はネットで「クラシックネガは明度によって色の見え方が変わるような設計」と見掛けたので確認してきたお話しです。

はじめに

今回のフィルムシミュレーション

Soft Classic Negative

  • フィルムシミュレーション:クラシックネガ
  • グレインエフェクト:OFF
  • カラークローム・エフェクト:OFF
  • カラークローム ブルー:OFF
  • ホワイトバランス:オート(R:±0 B:±0)
  • DR:100%
  • Dレンジ優先:OFF
  • トーンカーブ H-1.5 S-1.5
  • カラー:0
  • シャープネス:0
  • 高感度ノイズ低減:0
  • 明瞭度:0

今回は前回と違いトーンカーブを下げた」のクラシックネガで設定しました。

なお「どノーマル」のクラシックネガは前回記事をご覧下さい。

meganeya-moai.hatenablog.com

そして、ここ最近のクラシックネガの記事です。シャドートーン、ハイライトトーン、ホワイトバランスなど色々と設定しています。 

meganeya-moai.hatenablog.com

meganeya-moai.hatenablog.com

meganeya-moai.hatenablog.com

meganeya-moai.hatenablog.com

今回の機材

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF1.4R

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF1.4R

  • 発売日: 2013/10/12
  • メディア: Camera
 
FUJIFILM 単焦点望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR

FUJIFILM 単焦点望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR

  • 発売日: 2015/07/16
  • メディア: Camera
 

クラシックネガの明度で色の見え方が変わるのを確認してきた

dc.watch.impress.co.jp

クラシックネガはかなり特殊なフィルムシミュレーションになっていて、明度によって色の見え方が変わるような設計にしています。ですので、暗いトーンだとシアンに、明るいトーンだとマゼンタになるように調整しています。富士フイルムのフィルムシミュレーションはどのようにつくられているのか(前編) - デジカメ Watch

露出補正で色の見え方が変わるって本当なの?と思ったので、露出補正をアンダー気味、オーバー気味に変えながら撮影して来ました。

XF23mmF1.4 R

f:id:meganeya-moai:20210130062032j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130062518j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130062824j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130063119j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130064023j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130064422j:plain

iPhoneで動画も撮影してみました🎥

XF90mmF2 R LM WR
f:id:meganeya-moai:20210130065527j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130065532j:plain

本当に海の色が変わりました🙆‍♂️

f:id:meganeya-moai:20210130115359j:image

f:id:meganeya-moai:20210130115900j:imagef:id:meganeya-moai:20210130115913j:imageこれも違う🤭

f:id:meganeya-moai:20210130070159j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130070203j:plain

これも・・・

f:id:meganeya-moai:20210130070557j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130070618j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130070713j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130071404j:plain

太陽の昇り具合で時間差あるのが分かると思いますが、比較で4枚掲載。

f:id:meganeya-moai:20210130115520j:image話しは変わって久し振りのXF90mmで撮影する金属の艶感好きです。

f:id:meganeya-moai:20210130072117j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130072122j:plain

話しは戻り、これなら左のアンダー気味の方が好きです。

f:id:meganeya-moai:20210130072422j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130072424j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130072426j:plain

この3枚ではオーバー気味の上の作例が好きな感じです。

XF23mmF1.4 R

f:id:meganeya-moai:20210130073424j:plain例の工事中だった橋が一部通れるようになっていました。

低すぎた「女神橋」、ひっそりと一部開通 全面は来年2月 | カナロコ by 神奈川新聞

f:id:meganeya-moai:20210130074037j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130074038j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130074036j:plain

この辺りでAEブラケティングを使い始めました。

ブラケティング撮影

以下、上の作例が±0 左が+2/3 右が-2/3になります。

f:id:meganeya-moai:20210130074356j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130074357j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130074355j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130075441j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130075442j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130075440j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130080437j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130080438j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130080436j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130081406j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130081407j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130081405j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130082057j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130082058j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130082056j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130082227j:plain

f:id:meganeya-moai:20210130082228j:plain
f:id:meganeya-moai:20210130082226j:plain

最後に

  • ハイライトトーン・シャドートーンを下げて白飛びを減らし、青空とのグラデーションを綺麗に出す。
  • カラークローム ブルーはOFFの方が自然なグラデーションになる。
  • 露出補正でオーバー気味の方がレトロっぽい感じ(語彙力)。
  • 露出補正でアンダー気味でコッテリな感じ(語彙力)。
  • 迷ったらAEブラケティングで撮影。

クラシックネガを開発して下さったFUJIFILMの皆様に感謝感謝です!

ではでは。